ウサギの飼い方
湘南獣医師会
田中儀範

ウサギの体の特徴


ウサギの体の特徴

1.口  ウサギの口は小さく、歯は前歯(門歯)と奥歯(臼歯)をあわせて28本ある。
    すべての歯が一生涯伸び続ける常生歯である。

2.鼻  嗅覚はかなりよい。鼻の上の皮膚で鼻の穴を閉じることができる。

3.目  頭の側面に目があるので前を向いたままで後ろの方まで見える。
     これは外敵から身を守るのに役立っている。

4.耳   垂れ耳と立ち耳のものがある。また原始種のものほど耳が小さい傾向がある。
     聴覚は優れている。体温の調節にも役立っている。

5.前肢 飼いウサギは穴ウサギを改良して作られたので穴を掘るのに適している。

6.体毛 長毛種と短毛種がある。ウサギの毛は抜けやすい
     (外敵から逃れやすくするため)ので持つときに注意すること。

7.後肢 筋力がとても強く瞬発力がある。このため上半身だけを上から押さえている
     ときにウサギが暴れると,背骨が折れる可能性があるので注意したい。

8.消化管 すべての草食動物は、植物の消化を助けるために胃や腸に
      特別なバクテリアを住まわせている。
      ウサギは盲腸にこのバクテリアをたくさん持っている。

ウサギの抱き方

ウサギの骨はとても薄く、また後肢の筋肉が強力なため間違った扱いをすると骨折などのけがをするおそれがある。

ウサギの抱き方には二通りの抱き方がある。一つは、首の後ろの皮膚をしっかりつかみ持ち上げながらもう一方の手で後足を持って支える方法。

もう一つは、まず胸の下に手を入れ、脇の下あるいは前足まで手を移動して持ち上げる。そしてもう一方の手で後足 を持って抱き上げる。(下図)
ウサギの抱き方

ほとんどのウサギは抱かれることをいやがることが多い。

このためウサギを抱こうとするときには、急にさわったり乱暴に扱ったりせず、十分に落ち着かせ、少しずつさわりながら抱き上げるようにしたい。

そしてもしも抱いているときに暴れるようであればすぐにかがんでウサギを放してあげるとよいだろう。

また、ウサギの後肢の筋肉はとても強力なので上半身だけを押さえているときにウサギが跳ねようとすると背骨を痛めてしまう可能性があるので気をつけよう。

ウサギの食餌

ウサギは完全な草食動物である。したがって草だけでウサギに必要な栄養は基本的にすべてまかなえるはずである。そしてまた、草のような繊維質に富んだ食餌を摂ることによって歯や消化管によりよい作用を及ぼす。

1.ウサギの食餌は高繊維質の物でなければならない。

 ウサギが食べているときの口(あご)の動きをみてみると、縦方向だけでなく横方向にも動かしているのがわかる。この運動により植物の繊維をすりつぶしているのであるが同時に奥歯(臼歯)もすり減らしているのである。もしも簡単に砕けてしまうラビットフードや柔らかい野菜ばかり食べさせているとこの歯の摩耗が十分に起こらず不正咬合が起きやすくなってしまう。よってウサギには繊維質の多い牧草などを多く食べさせるべきである。           

2.ウサギの食餌は低カルシウムの物でなければならない。

  ウサギが本来食べているような草にはカルシウムはわずかしか含まれていない。そのためウサギは他の動物に比べてカルシウムを非常によく消化吸収する。食餌中のカルシウムの量が多いとそのほとんどすべてを吸収してしまうが、体は成長期をのぞきそんなに多くのカルシウムを必要としない。よって不必要なカルシウムを体外に排泄するのであるが、ウサギはカルシウムを尿中に排泄する。ウサギのおしっこが白っぽく濁っていることがあるのはこのためである。たまに濁るのならば心配する必要はないが、いつも濁っているようであればそれは明らかに食餌中のカルシウム量が多いはずである。この状態が続くと膀胱の中でカルシウムの結晶が固まり膀胱結石になってしまうので注意が必要である。よって成長期のウサギ以外のウサギの食餌は低カルシウムであるべきである。

           以上二点のことがウサギの食餌管理上重要なポイントである。

飼育環境

ほとんどのウサギは室内のケージで飼われていることが多いと思われるが、室内でも屋外でも飼育は可能である。

1.室内のケージで飼う場合

ウサギが複数いる場合は一羽ずつ別のケージで飼うべきである。そうでないとかなりひどいけんかをすることがある。
ケージの床にすのこのついた物がある。すのこがあると掃除はしやすいのだが、すき間に足を挟んでけがをすることがとても多いので注意したい。

2.室内で放し飼いの場合

じゅうたんやたたみでは穴を掘ろうとしてひっかき、ぼろぼろにしてしまうかもしれない。またそれらを食べてしまうかもしれない。
電気のコード類もかじられると大変危険なのでそれなりの防御対策が必要だろう。

3.屋外で囲いの中で飼う場合

屋外飼育では室内よりも気候の影響を受けやすい。特に囲いの中にいる場合は自由に、適した場所に移動できないので暑さ寒さから逃れられるシェルターが必要になる。また、地面の上に置いただけの囲いでは穴を掘って脱走してしまうのでその対策も必要になる。

4.屋外で放し飼いの場合

この場合も穴を掘っての脱走には注意したい。毒のある植物あるいは殺虫剤の付いた植物にも要注意。また、外敵(犬・猫・アライグマ・鳶など)に襲われるかもしれない。